ロイヤルフランへお問い合わせやメールの返信がこない場合は御電話ください。 新しいメールはこちらです。 miran.ive.puni@nifty.com プードルの仲介もしていますので詳細はメールでお願いします。 電話番号はこちら 090−6142−9425     愛犬の食とケアの専門店:GREEN DOG 業務用ペットシーツワイド300枚 【送料無料】トレー付きウッディサークル(屋根付) TWS-600Y ブラウン 犬用 ニュートリカル (高カロリー・ビタミン・ミネラルサプリメント) 120.5g

フルーツメール
生活の助けになるアフィリエイト
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
[PR]うろこぐもC  初心者でもすぐに稼ぐ方法  誰でも簡単!ネットでお小 

2009年02月13日

ワクチンについて

最近掲示板が更新されないな〜と思ってたら更新できなくなってたらしいあせあせ(飛び散る汗)・・・・・
小麦ママに教えてもらって初めて知りましたたらーっ(汗)
小麦ママさんありがとうです手(チョキ)
といってもまだ掲示板の方は直ってませんのでお写真などはメールで送ってくださいませるんるん
返信できませんがあせあせ(飛び散る汗)・・




さて今日はワクチンについてお話したいと思います。
と言うのは初めてワンちゃん犬をお迎えするにあたりワクチンについて聞かれることが以外と多いのです。


まず、ワクチンとは・。
皆さんもご存じの通り弱毒化した病原体を体内に摂取することにより類似感染を起こさせて免疫をつけるという物です。

1回目のワクチンは我が家で摂取します(勿論獣医さんで・・あせあせ(飛び散る汗)
これが55日〜60日の間です。

ここで母親からの抗体が完全に切れた状態であれば1回のワクチンでも大丈夫なのですが・・・こればかりは目に見えないものなので1カ月後に2回目も摂取します。
獣医さんによっては3回勧められる場合もありますがこれについては飼い主さんの判断に委ねられます。

さて・・。
大人になってからのワクチンは皆さん1年に1回されてますかexclamation&question
日本の場合はこれが主流ですが・・・。

アメリカの場合は3年に1回程度だそうです。

どうして違うのでしょうexclamation&question

3年に1回のアメリカで感染症が日本より多いというのは聞いたことはありません。

回数よりもむしろワクチンに対しての副作用の方が問題ではないでしょうかexclamation

ワクチンは期待しているほどの絶対な効果があるものではないそうです。
しかもワクチンを接種することでその病気そのもにかかってしまう場合もあります。

わが家の子も抗体ができた2回目のワクチンで副作用が出てかわいそうな思いをさせたことがあります。
アナフィラキーショックと言う物でワクチン直後におこりました。
顔がパンパンに腫れたり震え、嘔吐、痙攣などが起こります。
ひどい場合は命の保証もできない場合があり得るということ・・。

ワクチンの過剰摂取は免疫系の混乱を招きアレルギー、癌、心不全、てんかんなどを引き起こすのではないかと言われいます。

ワクチンを引き金に起こす慢性疾患なども問題視されています。
関節炎、白血病、足の麻痺etc


そして自己免疫性溶血性貧血、クッシング病、甲状腺疾患などもワクチンとの関連性を示唆されています。
脳の炎症を引き起こすとも言われていてこの場合は運動障害、神経系障害、てんかんなどの原因になります。

繰り返しワクチン摂取を受けた場合、自己抗体を作ってしまい自分の体の細胞を攻撃するようになります・・これを自己免疫疾患といいます。

ワクチンの副作用は接種した直後にでるアナフィラキーショックだけではなくこういった疾患などは3カ月後ぐらいから出るらしいです。
しかも治療しても翌年また、ワクチンを接種すると再度発生する傾向があるようです。


一度あるウイルスに対して免疫ができると生涯持続すると言われています・・。
人間だって子供の頃にワクチンを接種するだけですもんね

が・・ワクチンの中のレプストピラは細菌なのでこれに関しては持続力は半年程度だそうです。
しかしこれは何百という種類があるけどワクチンには数種類しかなく全部防ぐことは到底不可能だそうです。
しかも副作用も強く使用中止を忠告している研究者も多いそうです。


ワクチンについては賛否両論あると思うし飼い主さんの考えなどもあるので絶対こうにした方が良いということはないですが
私の考えでは子犬の時のワクチン以外は毎年は必要ないのではないかと思います。
1〜2年ごとに抗体価を測定してもらい下がってるときにワクチンを接種するのが良いのではないかと思っています。

狂犬病のワクチンは更に副作用が強いそうですがく〜(落胆した顔)・・・。

それにしても日本のペット事情はexclamation&questionが多いですよね〜

フードについてもしかり・・。

日本のドッグフードはアメリカなどの原材料100パーセント表示されてるのとは違い80パーセントしか表示されていません。
あとの20パーセントは何が含まれているのでしょうかexclamation&question
表示できない物なのでしょうかexclamation&questionexclamation&question
なのでわが家は国産のフードはあげたことはありません。
人間の物に対してさえ偽装がはびこってる日本・・。
フードは大丈夫といえるでしょうかexclamation


さて活字ばかりだったのでこの辺で可愛いかわいいワンコ達犬の投稿写真といきますかぁわーい(嬉しい顔)

お客様投稿写真編



アリスの子ライチ君ライチ君20090204.jpg

同じくアリスの子琥珀君琥珀君0209.JPG

先住犬のみかんちゃん(ミキの子)みかんちゃん0209.JPG

小麦ファミリー
小麦ファミリー200902.JPG
小夏君、小麦ちゃん、小豆ちゃん


のんちゃまの子ムーミンちゃん
我が家の子.jpg
3歳になりました


モカとサスケの子ミルキィちゃんミルたんエルペロ.jpg


イヴとチーキーの子ポニョたんポニョたん20090212.jpg


果たして2匹は・・・
ポニョ,ミルたん0219.jpgミルキィたんとポニョたん20090212.jpg
仲良しなのだろうかexclamation&question
posted by 未来ママ at 12:17| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。